かんぽ生命 損保ジャパン 特徴 比較




スポンサードリンク


かんぽ生命VS損保ジャパンDIY生命

かんぽ生命損保ジャパンDIY生命の保険について特長やメリットなどを比較してみました。

 

損保ジャパンDIY生命で一番人気がある保険は「一年組立保険」です。
この保険は、多くの保険比較サイトでも人気ランキングで一位になっています。
その人気の理由は、ライフステージの変化に合わせて毎年でも保障の見直しができる、変化に強い保険だからです。
「遺族保障」をベースとして、「入院保障」「ガン保障」「月給保障」の3つの特約を組み合わせることにより、自分に合わせたオリジナルの保険が作れます。
そのため、遺族保険額も選べますし、特約を付けるか付けないかも選ぶことができます。
遺族保障は500万円〜1億5000万円の範囲で申し込むことができ、死亡原因にかかわらず支払われる保険金額は全て同額です。
また、掛け捨てタイプのため、解約返戻金や配当などの貯蓄部分はありません。
医師の診査なしでも、高額保障に加入できるというのも大きな特徴といえます。
生命保険でムダ見直し

 

損保ジャパンをかんぽ生命と比較すると、まず保障金額の違いに驚かされます。
医師の診査なしでも保険に加入できるところは変わりませんが、かんぽ生命は保障金額に制限があり最高でも1000万円なのに対し、損保ジャパンDIY生命では最高1億5000万円まで申し込みができます。
そして、かんぽ生命では死亡理由によって支払われる金額が異なりますが、損保ジャパンDIY生命では金額は変わりませんので、わかりやすいといえます。

 

また、基本契約に付けられる特約についても、異なります。
かんぽ生命では事故や病気で入院や手術を受けたときに保険金が支払われたり、身体障害の状態になったりしたときに保険金が支払われます。
ところが、損保ジャパンDIY生命の特約は、病気やけがで入院した時や手術を受けたときに支払われるもの、全てのガンを保障する保険、そして長期の入院の
場合の収入を保障するものの3つとなっています。

 

かんぽ生命と損保ジャパンの内容を比較すると、大きくこのような違いがあります。
どちらが自分の目的や予算に合っているか、検討することが重要となります。
インターネットのサイトでは比較することが簡単にできますから、ぜひこのようなツールを利用してよりよい保険に加入するといいと思います。

 

かんぽ生命保険ご利用ガイド

クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談

スポンサードリンク





かんぽ生命VS損保ジャパンDIY生命 | かんぽ生命と他の保険会社を比較関連ページ

ソニー生命の学資保険
かんぽ生命とソニー生命の学資保険について、それぞれの補償内容や仕組み、主要なサービスなどを比較・検討し、各社の魅力やメリットなどを探ってみます。
アフラックの年金保険
かんぽ生命とアフラックの年金保険について、それぞれの特徴やサービス内容の違いなどを比較・検討してみます。今後年金保険を選ぶ際の参考にしてください。
全労済の個人年金保険
かんぽ生命と全労済はどちらも公共性が高く年金保険は人気がありますが、加入要件や受け取り金額など、サービス内容が異なりますので、目的や条件に合わせて選ぶ必要があります。両者の特徴やメリットを比較して、これからの保険選びの参考にしていただきたいと思います。
県民共済との比較
かんぽ生命と県民共済の学資保険について、それぞれの補償内容や仕組みをご紹介し、主要なサービスなどを比較・検討しながら双方のの魅力やメリットなどを考えてみます。
アクサダイレクトとの比較
かんぽ生命とアクサダイレクト生命について、それぞれの補償内容や主要なサービスについて比較・検討し、魅力やメリット・デメリットなどを探ってみます。現在保険の見直しを考えている方もぜひ参考にしてください。
オリックス生命と比較
かんぽ生命とオリックス生命について、保険の特徴やポイントなど主なサービスを比較し、それぞれの魅力やメリット・デメリットなどを考えてみます。これからの保険加入や加入している保険の見直しをお考えの方は参考にしてください。
NKSJひまわり生命と比較
かんぽ生命とNKSJひまわり生命について、各保険商品の補償内容や特徴などを比較しながらそれぞれの魅力やメリット・デメリットなどを考えてみます。これからの新規保険加入や現在の保険の見直しなどをお考えの方もぜひ参考にしてください。
ライフネット生命と比較
かんぽ生命とライフネット生命について、それぞれの補償内容やサービスなどを比較・検討し、各社の魅力やメリット・デメリットなどを比較してみます。