かんぽ生命 全労済 個人年金保険 比較




スポンサードリンク


保険料が半額になった保険見直し

かんぽ生命VS全労済 個人年金保険を比較

かんぽ生命と全労済はどちらも公共性が高いことから、将来の老後のための年金保険については大変人気があります。

 

しかし、一言で年金保険と言っても、かんぽ生命と全労済では加入要件や受け取り金額、さらにサービス内容などが異なりますので、加入者の目的や条件に合わせて選ぶ必要があります。

 

そのため、かんぽ生命と全労済の特長やサービス内容等を比較しながら、両者の年金保険のメリット性や内容の違いなどを考えてみたいと思います。

 

楽天超かんたん保険

 

 

かんぽ生命につきましては、加入年齢は45〜70歳で、年金額は90万円で受け取り期間10年となっています。

 

年金の支払い開始年齢は、55〜70歳まで選ぶことができます。

 

そのほかに入院や手術の際や、不慮の事故によるけがで亡くなった時などに保険金が支払われる特約が付けられます。

 

 

全労済の年金保険は一定期間(5・10・15年)年金を受け取れる確定年金プランと、最長15年の保障期間が付き、一生涯にわたり年金を受け取れる終身年金プランがあります。

 

終身年金プランでは、保証期間中に死亡した場合、残りの期間分の年金を家族のかたが受け取ることができます。

 

加入年齢は、満15〜満60歳の方で、年金額は最高90万円となっています。

 

年金の支払い開始年齢は、55〜65歳で選ぶことができます。

 

また、掛金払込期間中の保障については、基本型と家重型の二つから選びます。

 

基本型は掛金払込期間中の保障がついておらず、家重型は掛金払込期間中に死亡した場合には家族年金、重度の障害になった場合には重度障害年金が支払われます。

 

そして、年金の給付にも二つの種類があり、毎年一定の年金額を受け取る定額型と、2年目以降に毎年、初年度年金金額の5%ずつ年金が増えていく逓増型です。

 

保険料が半額になった保険見直し

 

 

かんぽ生命の個人年金保険は、公的年金が支払われるまでのつなぎの年金として使われることが多いようです。

 

それに比べて、全労済の年金保険は公的年金と同時に受け取れるようなプランになっているようです。

 

返戻金について調べてみると、全労済の家重型にした場合には保障があるため、かんぽ生命の方が返戻率は高くなっています。

 

ただ、最近ではかんぽ生命にはあまり魅力がないという意見も多く、全労済の方をおすすめしているサイトなどもよく目にします。

 

保険は目的によって加入の仕方が変わってきますので、時にはプランの見直しなども必要になります。

 

保険の詳しい比較はインターネットの比較サイトなどを利用すれば簡単に試算することもできますので、先ずはご自身の目的や条件設定からプランを決めて、自分にピッタリの保険会社を選びましょう。

 

かんぽ生命保険ご利用ガイド

総合医の時代 まず「総合医」に診てもらう

スポンサードリンク





かんぽ生命VS全労済 個人年金保険を比較 | かんぽ生命と他の保険会社を比較関連ページ

ソニー生命の学資保険
かんぽ生命とソニー生命の学資保険について、それぞれの補償内容や仕組み、主要なサービスなどを比較・検討し、各社の魅力やメリットなどを探ってみます。
アフラックの年金保険
かんぽ生命とアフラックの年金保険について、それぞれの特徴やサービス内容の違いなどを比較・検討してみます。今後年金保険を選ぶ際の参考にしてください。
県民共済との比較
かんぽ生命と県民共済の学資保険について、それぞれの補償内容や仕組みをご紹介し、主要なサービスなどを比較・検討しながら双方のの魅力やメリットなどを考えてみます。
アクサダイレクトとの比較
かんぽ生命とアクサダイレクト生命について、それぞれの補償内容や主要なサービスについて比較・検討し、魅力やメリット・デメリットなどを探ってみます。現在保険の見直しを考えている方もぜひ参考にしてください。
損保ジャパンと比較
かんぽ生命と損保ジャパンDIY生命について、保険の補償内容や主なサービスを比較しながらそれぞれの魅力やメリット・デメリットなどを考えてみます。新規の保険加入や現在加入中の保険の見直しなどをお考えの方はぜひ参考にしてください。
オリックス生命と比較
かんぽ生命とオリックス生命について、保険の特徴やポイントなど主なサービスを比較し、それぞれの魅力やメリット・デメリットなどを考えてみます。これからの保険加入や加入している保険の見直しをお考えの方は参考にしてください。
NKSJひまわり生命と比較
かんぽ生命とNKSJひまわり生命について、各保険商品の補償内容や特徴などを比較しながらそれぞれの魅力やメリット・デメリットなどを考えてみます。これからの新規保険加入や現在の保険の見直しなどをお考えの方もぜひ参考にしてください。
ライフネット生命と比較
かんぽ生命とライフネット生命について、それぞれの補償内容やサービスなどを比較・検討し、各社の魅力やメリット・デメリットなどを比較してみます。